Be Better

~輝かしい未来に向かって~

Get Adobe Flash player

2013年度 公益社団法人柏青年会議所

基本方針・基本計画

理事長 鈴木 孝道

【基本方針】

希望に満ちた明るい未来を創造するために
青年である我々が今なすべきこと

 2011年3月11日に発生した東日本大震災は我が国に甚大な被害をもたらしました。未だ出口の見えない深刻な原子力発電所の事故と、十分に進んでいるとは言えない被災地の復興。更には混迷を極める政治、経済、社会、金融危機。今日の日本には多種多様な問題が存在し、またそれらが複雑に絡み合っています。多くの人々が問題の解決にどこから手を付ければ良いのか分からず、自分たちにはどうすることもできないという無力感に襲われてしまったり、あまりの問題の大きさや複雑さに目をつぶって、それらがまるで存在すらしないかのように振る舞ったりしているかもしれません。

 今まさに、日本は大きな転換期に差し掛かっています。しかし、そういう時代だからこそ国際社会における「恒久的な世界平和」という崇高なる理念を掲げ、地域社会の指導者たらんとする青年の集まりである青年会議所の存在意義が試されているのです。今こそ私たちは国づくり、まちづくりの先駆けとしての責任と誇りを持ち、問題解決へ向けての力強い行動を起こすことによって、この混沌とした時代を打開する突破口を切り開く役割を全うしなければなりません。

 私たちが展開する青年会議所運動は地域社会における「明るい豊かな社会の実現」という高い理想を掲げている以上、より多くの市民に共感され、地域社会が必要としているものであるべきだと考えます。その運動の担い手である私たち青年は未熟な人間かもしれません。しかし、私たちメンバー全員が志を同じくし、互いの個性を尊重し認め合い、一致団結して互いの欠点を互いの長所をもって補い合えば、青年会議所の運動は地域社会をより発展させることができるはずです。私はそのような運動を展開し続け、青年会議所の理念や情熱が一人でも多くの市民に伝播されれば、この柏(まち)が市民の活力が溢れる地域社会になることを信じて疑いません。そのために私たちは自らを厳しく律し、JAYCEEであることに誇りを持ち、自分の発言や行動に常に責任を持つように心がけねばなりません。そんなメンバーが集う組織の中での活動を通して苦楽を共にし、互いに切磋琢磨し合うことで魅力あふれる人間に成長するはずです。青年会議所はまさしく、自らを成長させる機会に溢れた「学び舎」でもあるのです。私たちは自己研鑚を続けるとともに、絶えず理想の社会を追求することによって、世の中を大きく変えていく可能性を秘めているのです。そのことをメンバー全員が改めて強く認識し、この柏(まち)の希望に満ちた未来の創造のために英知と勇気と情熱をもって活動して参ります。

■アクティブ シチズンが躍動する柏(まち)の創造

 「アクティブ シチズン」とは第35代ジョン・F・ケネディアメリカ合衆国大統領の就任演説に出てくる言葉で、直訳すると「積極的な市民」という意味です。最近では環境や地域貢献活動を積極的におこなう人を指す言葉として用いられることも多いようです。
私はこの「アクティブ シチズン」を〝公共心が溢れ自立した市民〟と定義付けし、多くの市民にこの精神が行き渡ることが我々の最終目標でもある「明るい豊かな社会」の実現への近道であると考えます。現代社会に横たわる様々な問題の解決や日々の私たちの生活の改善を国や行政に求めるだけではなく、私たち青年会議所メンバーを含め市民ひとり一人にもできることが必ずあるはずです。このことを多くの市民に共感・実感してもらえるような例会、事業を展開することによって公共心が溢れ自立した市民が躍動する柏(まち)の創造を目指します。

■郷土愛溢れる次世代市民の創造

 私たちが住むこの柏が今後も活力と希望に満ちたまちであり続けるためには、市民一人ひとりが郷土への愛着と誇りを持つことが大切です。そのためには、この柏の未来を担っていくこども達に青少年の早い時期から自分の住むまちのことを学び、その未来を考え、行動する機会を通して郷土愛を育んでもらいたいと考え、過去2年にわたり柏こども夢サミットを開催して参りました。こども達に郷土愛を育んでもらうということは、「自分たちが将来この柏を支える市民なんだ」という社会参加の意識を芽生えさせることであり、10年後、20年後の柏を自分たちが思い描いたような魅力的なまちへと発展させる大きな原動力となることは言うまでもありません。過去2年の事業を十分に検証し、本年度も柏のこども達に郷土愛を育んでもらえるような例会・事業を展開して参ります。

■市民を惹きつけられるリーダーの育成

 柏青年会議所のメンバーは地域社会の指導者たらんとする者の集まりであります。それ故メンバーの資質向上、特に指導力の開発は必要不可欠です。指導力と言っても様々な要素やスキルがありますが、特に大切なのは多くの人を惹きつけられるような強い意志や情熱、仲間への配慮や思いやりといったリーダーとしての心構えや人間的魅力、また大局的な視点から物事を正しい方向に判断できる知識や思考能力であると考えます。このような指導力をメンバー全員が向上させ、地域を牽引するに相応しいリーダーとなれるような例会・事業を展開して参ります。

■光り輝くLOMの未来の創造

 明るい豊かな社会の実現のためには一人でも多くの市民に青年会議所を理解してもらうことや、私たちの運動に参画してもらうことが必要です。それ故に会員の拡大は運動の発信者であり、担い手である私たち青年会議所にとって、その社会的使命を終えるまで続く、いわば永続事業ともいえる最優先の課題であるのは明白です。同時に多くのメンバーを受け入れるため、また市民から信頼され、地域に貢献できる組織であり続けるためには公益社団法人としての財務・運営を今まで以上に強化しなければなりません。会員拡大と堅実な組織の運営によって魅力あるまちづくり・ひとづくりの団体として発展し続けます。

■結びに~生かされていることへの感謝と責任~

 人はたった一人では生きていくことはできません。誰もが身近な友人や家族の支えや、または世の中の人たちの働きの恩恵を受けて生きているのです。私たちは自分が多くの人たちとの関わりや支え合いの中で生かされていることや、世の中という公があっての私があることを今一度認識するとともに、そのことに感謝しなければなりません。私はその感謝の気持ちこそが私たちが日々取り組んでいる青年会議所運動の根源にあるべきものと考えます。そして、その気持ちを忘れないためにもJCIクリードの最後の一文があると思うのです。


We believe: that service to humanity is the best work of life

人類への奉仕が人生最善の仕事である


 私たちは改めてこの一文の意味を噛みしめ、自分よりも他人の利益を大切にする利他の精神を持って青年会議所運動を展開し続け、地域社会に貢献することをお約束致します。

 私たちは5年後、10年後に柏青年会議所に入会してくる未だ見ぬ若者達が誇れるような柏青年会議所を残さなければなりません。私たちは20年後、50年後にこの国やこのまちを背負ってゆく未だ見ぬ若者達が誇れるような日本や柏を残さなければなりません。だからこそ、青年である我々が今なすべきことを責任と誇りを持って実直に行動していこう。

【基本計画】

  1.  メンバー全員で取り組む会員拡大
  2. アクティブ シチズンが躍動する柏(まち)の創造
  3. 郷土愛溢れる次世代市民の創造
  4. 市民を惹きつけられるリーダーの育成
  5. 光り輝くLOMの未来の創造

 

JC関連リンク