随処為主(ずいしょいしゅ)

~主体性をもって生きる~

Get Adobe Flash player
基本方針・基本計画

2015年度 公益社団法人柏青年会議所

基本方針・基本計画

理事長 武井 丈

【基本方針】

【はじめに】

1971年6月26日に49名の熱き思いを持った青年たちにより、この柏青年会議所は産声を上げました。そして、柏青年会議所は2015年、創立45年を迎えます。
45年前、偉大なる先輩方は、明日の我が柏(まち)及び周辺地域の正しい発展を願い、英知と勇気と情熱をもって、経済、社会、文化等に関する諸問題を調査研究し、社会開発活動を展開し、その成果を柏市を中心とする近隣地域社会に及ぼし、その日常を通じて友情を深め、自己修練に励み、そして、世界の平和と繁栄に寄与するとの創立宣言文を掲げられました。
その熱き思いは脈々と受け継がれ、44年という月日が流れました。その長きに渡る、歴史と文化を創り上げられた先輩諸兄の功績に尊敬と感謝を、現役メンバーは持たなくてはいけません。そして、今日に至るまで受け継がれてきた歴史と文化、熱き思いを先輩方から教わったように、私たちが次世代へと継承していく責任があります。
 45年前に、諸先輩方が掲げられた創立宣言文にあるように、柏青年会議所は地域に必要とされる存在でなくてはなりません。時代の移り変わりの早い現在、我々は変化の早さや状況を把握し、地域の先駆けとして、まちにどのような問題があり、まちやそこに住まう市民が何を必要としているのかを調査研究し、行動を起こさなくてはなりません。そして、「何のために、誰のために」という思いを常に持ち運動を行ってまいります。
そのためには、柏青年会議所のメンバーを先頭に、まちに対して主体性を持つ人が一人でも多くなる必要があります。誰かに言われて行動を起こすのではなく、まちや人に関心を持ち、現状を調査・把握し、研究を行い、自ら問題は何かを考え、自らの責任の元でその問題を解決すべく行動出来る人、そういう人が多くいるまちにする必要があります。
 主体性をもつ市民が一人でも増え、市民自らがまちについて関心を持ち、まちの問題について考えられる。そんな市民が多く活躍するまちになるとき、この愛すべき大好きな柏(まち)が、多くの人から愛される柏(まち)になることをお約束します。

続きを読む...

2015年度 公益社団法人柏青年会議所 スローガン

随処為主(ずいしょいしゅ) ~主体性を持って生きる~

次世代の主役創造委員会
事業方針・事業計画

委員長  秋谷 陽一郎 

【事業方針】

 柏のまちの継続的な発展には、次世代のまちづくりを担う子どもたちの存在が不可欠です。しかし人と人との繋がりが希薄になりつつある現代では、子どもたちも自分の住むまちや地域に対し十分な関心を持てていないように感じられます。郷土や住人のことをよく知らず、愛着も湧かないまま成長した大人には、まちのために行動する意識が芽生えません。未来の柏のまちの発展には、子どもたちが行動できる大人に成長することが必要です。

続きを読む...

柏(まち)の魅力創造委員会
事業方針・事業計画

委員長  田代 敏之 

【事業方針】

 柏市は商業都市の一面をもちながら自然環境の充実など沢山の魅力があるまちです。しかし、まちの魅力についての認識や知識が多岐に渡り、市民同士の価値観の共有がしきれておらず、また、まちのことを主体的に考えられていない市民も少なくないため、魅力を十分に発信出来ていない現状があります。だからこそ、まちへの関心を持ち、自ら考え行動していく気概のある市民を増やし、一丸となってまちの魅力を発信する必要があります。

続きを読む...

OMOIYARI発信委員会
事業方針・事業計画

委員長  橋本 淳 

【事業方針】

 少子高齢化に代表される社会構造の変化や経済至上主義による格差社会の拡大は、日本古来の相互信頼の心や道徳心を失わせ、自分さえ良ければ、今さえ良ければ、という利己的、刹那的な風潮を助長し、モラルを低下させ、社会環境の悪化を招いています。我々青年会議所の目指す「明るい豊かな社会」の実現には「OMOIYARI」の心を持つメンバーが、同じ心を共有する市民と一丸となって行動し、まちづくりを行う必要があります。

続きを読む...

2015年度 公益社団法人 柏青年会議所

組織図

2015年度公益社団法人柏青年会議所組織図

上の画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

続きを読む...

JC関連リンク