随処為主(ずいしょいしゅ)

~主体性をもって生きる~

Get Adobe Flash player

2015年度 公益社団法人柏青年会議所

基本方針・基本計画

理事長 武井 丈

【基本方針】

【はじめに】

1971年6月26日に49名の熱き思いを持った青年たちにより、この柏青年会議所は産声を上げました。そして、柏青年会議所は2015年、創立45年を迎えます。
45年前、偉大なる先輩方は、明日の我が柏(まち)及び周辺地域の正しい発展を願い、英知と勇気と情熱をもって、経済、社会、文化等に関する諸問題を調査研究し、社会開発活動を展開し、その成果を柏市を中心とする近隣地域社会に及ぼし、その日常を通じて友情を深め、自己修練に励み、そして、世界の平和と繁栄に寄与するとの創立宣言文を掲げられました。
その熱き思いは脈々と受け継がれ、44年という月日が流れました。その長きに渡る、歴史と文化を創り上げられた先輩諸兄の功績に尊敬と感謝を、現役メンバーは持たなくてはいけません。そして、今日に至るまで受け継がれてきた歴史と文化、熱き思いを先輩方から教わったように、私たちが次世代へと継承していく責任があります。
 45年前に、諸先輩方が掲げられた創立宣言文にあるように、柏青年会議所は地域に必要とされる存在でなくてはなりません。時代の移り変わりの早い現在、我々は変化の早さや状況を把握し、地域の先駆けとして、まちにどのような問題があり、まちやそこに住まう市民が何を必要としているのかを調査研究し、行動を起こさなくてはなりません。そして、「何のために、誰のために」という思いを常に持ち運動を行ってまいります。
そのためには、柏青年会議所のメンバーを先頭に、まちに対して主体性を持つ人が一人でも多くなる必要があります。誰かに言われて行動を起こすのではなく、まちや人に関心を持ち、現状を調査・把握し、研究を行い、自ら問題は何かを考え、自らの責任の元でその問題を解決すべく行動出来る人、そういう人が多くいるまちにする必要があります。
 主体性をもつ市民が一人でも増え、市民自らがまちについて関心を持ち、まちの問題について考えられる。そんな市民が多く活躍するまちになるとき、この愛すべき大好きな柏(まち)が、多くの人から愛される柏(まち)になることをお約束します。

■利他の心とOMOIYARIを伝える ~OMOIYARI発信委員会~

 本年、柏青年会議所は創立45周年を迎えます。創立45周年を迎えるにあたり、記念式典を開催いたします。記念式典では柏青年会議所の運動の歴史を振り返り、熱き思いを受け継ぐとともに、伝統を継承して参ります。そして、思いやりという利他の心を多くの市民と共有していく場とします。
 また、LOM運動指針にある「OMOIYARI」の心を持った柏青年会議所メンバーの育成に力を入れ、相手の立場に自分自身を置き換え、お互いを受け入れ信頼し、責任を持って考え行動する主体性をもったメンバーを育成します。しかし、「ひとづくり」「まちづくり」を展開していくうえで、柏青年会議所メンバーだけが、「OMOIYARI」の気持ちを持っていればよいわけではありません。この思いを、多くの市民の共通認識とする必要があります。そうして、柏市内外の多くの人が「OMOIYARI」について考え共有し、主体的に発信していく事業を展開して参ります。

 

■柏を創造するために ~柏(まち)の魅力創造委員会~

 柏というまちを見たとき、そこに住む市民は柏というまちに関心があり、柏というまちの魅力に気づいているでしょうか。柏は多種多様な魅力を持ったまちです。しかし、その多様さ故に、自信を持って魅力を発信できていない現状がみられます。自信を持って魅力を発信していくためには、市民がそこに関わることが必要だと考えます。まちの現状を調査研究し、まちの魅力について考える。それにより、まずは柏を好きになってもらう。そして好きになってもらった先には、主体的に自分が主役となってまちについて考え、責任と自信を持ってまちの魅力を発信してもらいます。自らが考えた魅力を自信を持って発信してもらうことで、柏(まち)に誇りを持ち、柏(まち)に笑顔と活気が溢れます。
一人でも多くの市民が柏(まち)の魅力について主体的に考え、そのような市民が一人でも多く活躍できるまちになるように、例会事業を展開し、柏(まち)の魅力の創造に全力を尽くしていきます。

 

■未来を見据えて ~次世代の主役創造委員会~
柏青年会議所の44年に渡る長い歴史の中で、次世代を担う子どもたちの育成はいつの時代も行われてきた重要なものです。私たちの宝である次世代を担う子どもたちが未来の主役となるためには親をはじめとする地域の大人たちが、その背中を見せていく必要があります。子どもたちと一緒になって行動を起こすこと。このことが子どもたちには必要です。だからこそ、昨今、見失いがちになっている先人たちが築いてきた歴史や文化を再検証し、その時の大人がどんな問題と向き合い、どのようなアクションを起こしてきたのかということを知ってもらい、大人の背中を見てもらうと共に、郷土の成り立ちや郷土を慈しむ気持ちを学んでもらいます。そのうえで、現状の柏(まち)が抱えている問題について学び考えてもらいます。それにより、柏(まち)に関心と愛着を持ち、その現状を調査研究した子どもたちは、柏(まち)をより良くするために自ら考え、どのようなアクションを起こすかを自ら考えられる次世代の主役となる一歩を踏み出します。子どもたちが郷土愛を育み、郷土愛の根底にある公共心を学ぶことで、次世代を担う主役となるよう青少年育成事業の開催をします。

 

■LOMの基盤となるために ~専務室~

 「明るい豊かな社会」の実現という大きな目標を目指す私たちは、一人でも多くの市民を巻き込む必要があります。多くの市民に影響を与えるためには、自らがJAYCEEとしての誇りを持つ必要があります。会員の心構えとして「JAYCEEは自分自身を知り、向上させていく。そして、目標に向かって行動する。」とあるように、我々メンバーが主体性を持って、状況を判断し、問題を見つけ出し、解決のために責任を持って行動する。その覚悟と心構えが必要と考えます。そして、昨今見失いがちな、泥臭く当たり前なことを当たり前にできる、そんなJAYCEEになれるような研修事業を展開してまいります。
また、我々メンバーが、公益社団法人としてのしっかりとした基盤を理解し、今まで以上に堅実・健全な事務局及び財務の管理を行うことが市民からの信頼に繋がり、公益社団法人として、多くの市民に影響を与えることには必要不可欠だと考えます。柏青年会議所の基盤となる総務の充実を図り、総会及び理事会といったJC運動を行うには欠かすことのできない根幹やその知識を継承していくことを目的にLOMの基盤を再構築する下支えとなる活動を展開してまいります。

 

■結びに

5年後、10年後の柏青年会議所が今以上にまちに必要とされ、まちに誇れる団体となるよう妥協せず進んで参ります。
50年後、100年後、次世代を担っていく子どもたちが誇れる柏や日本を築けるように妥協せずに進んで参ります。
主体性をもつ市民が一人でも増え、まちについてまち自身が考えられる、そんな笑顔と関心があふれる愛されるまちにするために、妥協せず進んで参ります。
未来を切り開くために、責任と行動力を持って市民を巻き込みLOM一丸となり、まちのために行動をする全ての人が、光り輝く一年になるよう活動・運動を展開していくことをお約束致します。

 

 

【基本計画】

  1. 会員拡大
  2. JAYCEEとしての誇りの確立
  3. 「OMOIYARI」の心を発信する事業の開催
  4. 「OMOIYARI」の心を育む事業の開催
  5. 45周年記念式典の開催
  6. 柏(まち)の魅力の創造
  7. 柏(まち)の魅力の発信
  8. 郷土愛を育む青少年育成事業の開催
  9. 未来の主役を育成する事業の開催

 

JC関連リンク