随処為主(ずいしょいしゅ)

~主体性をもって生きる~

Get Adobe Flash player

OMOIYARI発信委員会
事業方針・事業計画

委員長  橋本 淳 

【事業方針】

 少子高齢化に代表される社会構造の変化や経済至上主義による格差社会の拡大は、日本古来の相互信頼の心や道徳心を失わせ、自分さえ良ければ、今さえ良ければ、という利己的、刹那的な風潮を助長し、モラルを低下させ、社会環境の悪化を招いています。我々青年会議所の目指す「明るい豊かな社会」の実現には「OMOIYARI」の心を持つメンバーが、同じ心を共有する市民と一丸となって行動し、まちづくりを行う必要があります。

 まずは、相手の立場に自分自身を置き換え、お互いを受け入れ信頼し、他人事だとは思わず自分のことのように考え行動する「OMOIYARI」について理解する新年例会を開催し、メンバー全員の自覚を促し、LOM内外に本年の取り組みを周知します。そして、LOM運動指針に基づき展開してきた運動を振り返り、諸先輩方が築いてきた柏青年会議所の歴史と熱き思いを受け継ぎ、伝統を継承する記念式典を開催します。さらに、記念式典をおもいやりという利他の心を多くの市民と共有していく場とすることで、市民が青年会議所運動の「OMOIYARI」の心を理解する機会を提供します。また、メンバーが「OMOIYARI」の心を育み、多くの市民と「OMOIYARI」について共通認識を持つために、柏市内外の多くの人が「OMOIYARI」について考え、主体的に発信する事業を実施し、まちづくりは誰かがやってくれることではなく自らの手で行うという市民に意識変化を促します。「OMOIYARI」の気持ちを持った市民が増えることは、青年会議所運動への理解と共感に繋がり、我々の運動にとって強固な地盤となります。

 

 「OMOIYARI」の心を持ったメンバーを育成し、同じ心を育み、率先して行動する市民を増やし、我々青年会議所の活動・運動に理解と共感を得て、ともにまちづくりに取り組むことは「明るい豊かな社会」の実現に向けた大きな一歩であると確信しています。

 

【事業計画】

  1. 新年例会の開催
  2. 創立45周年記念式典の開催
  3. 「OMOIYARI」の心を発信する事業の開催
  4. 「OMOIYARI」の心を育む事業の開催

JC関連リンク