基本方針・基本計画 まち創り委員会

2016まち創り委員会事業方針・事業計画

まち創り委員会
事業方針・事業計画

委員長  中澤 亜弥 

【事業方針】

 学園都市機能を持つ北部、商業都市として発展した中央部、手賀沼や田畑など緑あふれる南部など、様々な要素を持つ柏市はベッドタウンとして発展し、現在も人口が増加する希少な都市です。しかし、青年世代の人口は毎年3千人前後減少しています。今後も魅力あふれるまちであり続けるには、まちに貢献する市民が増え先輩方が守り続けてきたまちの襷が新たな世代へ引き継がれるよう、柏の魅力を広く発信し、共有することが必要です。

 まずは、わが柏(まち)がどのようにベッドタウンとして発展してきたのか、現在どのような理由で青年世代が減少しているのか、柏の発展の歴史と柏が抱える課題を学ぶことが重要です。また、全国的に少子高齢化社会が進む中でも、青年世代が多く移住している地域も存在します。そうした地域がどのように自らのまちの魅力を創造し、市民に発信し、共有してきたのか、他地域の事例から学べることも数多いはずです。そして、どのようなまちが市民に求められているのか検討するために、柏の発展の歴史と課題、他地域の成功・失敗事例の調査・研究を指針とし、柏の新たな魅力を発掘・創造する例会を開催します。また、柏の新たな魅力が創造されるだけでは、このまちの襷をつなごうとする市民が増え、魅力あふれるまちとして柏が続いていくという目標は達成できません。市民が柏の魅力を知り、自らも柏の魅力を伝えたい、引き継いでいきたいと思えるきっかけが必要不可欠です。そこで、このまちを愛し尽くそうとする市民が増え、柏が魅力あふれるまちであり続けるために、創造した柏の新たな魅力を広く市民に発信し、共有する例会を開催します。

 

 柏青年会議所が、発掘・創造した新たな柏(まち)の魅力を積極的に市民に発信し、共有していくことで、柏というまちの未来に期待と関心を寄せ、柏で末永く家族を育み、まちを愛し、まちに尽くす市民の笑顔にあふれた、愛する我が柏(まち)を実現します。

 

 

【事業計画】

  1. 新年例会の開催
  2. 柏の新たな魅力を発掘・創造する例会・事業の開催
  3. 柏の新たな魅力を市民に発信し共有する例会・事業の開催
  4. ゴミゼロ運動の開催

JC関連リンク