基本方針・事業計画 まちづくり委員会

 

まちづくり委員会 事業方針・事業計画

委員長    佐藤 大輔 

副委員長 竹之内 由康

副委員長   鈴木 崇弘

事業方針

 今、私たちを取り巻く環境が激変し続けている中、日本の社会現象でもある「急速に進む少子化」や「親子関係の希薄化、核家族化」の影響によって、昔の常識では考えられないような子供を巻き込んだ家庭内での犯罪が数多く起こっています。その背景には、普段の生活から子供が親から学ぶことが無くなったり、大人と子供または子供同士でふれあう中で知恵を身につけたり、地域全体で子供を育て守ることが無くなっているからだと思います。このような危機的状況を放っておいて子供が成長して大人になった時に、基本方針にある「郷土愛溢れた社会の実現」が創造できるでしょうか。

 そこで、我々まちづくり委員会は柏の将来を担う子供たちに焦点を当て、子供たちが柏の未来を考えるうえで、大切な郷土愛を育んでもらうことが必要だと思います。また利他の精神を身に付けた思いやりを持った子供たちの育成も必要と考えます。これらを踏まえ、「子供たちが何事にも自ら進んで行動する逞しい青少年の育成事業」を実行いたします。さらに、社会性や人を思いやる心を持ってもらうことも必要と考え、「公共心、助け合いの心を培う青少年育成事業」を実行いたします。

 我々の運動事業がまちにもたらすその効果をより大きなものとするためには、多くの人々に我々の運動事業に参加してもらい、我々の想いを伝播することが重要と考えます。柏青年会議所が主体となったうえで、市民、行政・ボランティア団体とのより強固な協力体制を構築してまいります。

 当委員会の運動が一人でも多くの市民に伝わり、何事にも自ら進んで行動する逞しい青少年の育成、社会性と思いやりの心を持った青少年の育成が活気あふれる次世代を見据えたまちづくりにつながると信じ、我々まちづくり委員会は「郷土愛溢れた社会の実現」のために使命感を持って運動・活動してまいります。

事業計画

  1. 活力あるメンバーによる会員拡大
  2. 新年例会の開催
  3. 何事にも自ら進んで行動する逞しい青少年の育成事業
  4. 社会性と思いやりの心を持った青少年の育成事業
 
ランドセル運動

ランドセル運動公式サイトへのリンクです。

笑顔と希望のランドセル運動

リンクフリーです、多くのサイトのご協力をお願い致します。

JC関連リンク